So-net無料ブログ作成

discover Japan [お出かけ]

こちらに引越して一番楽しみにしているのは・・・・。

東海、近畿地区のいろいろな場所をおとずれること。

最近相方はお城やら神社やらに凝りはじめておりまして、関東でも江戸城(皇居)をはじめ、周りの神社、仏閣などを訪れてはいたのですが。

やっぱり神社、仏閣、そしてお城の数では近畿、東海地区にはかないません。

以前名古屋に住んでいた時には当然名古屋城、熱田神宮などは訪れたことがありますが、若い時に見るのとこの年齢になってから見るのでは全然見方も感じるものもちがうような気がします。

名古屋城の次に市内から近いメジャーなお城と言えば、犬山城。以前住んでいた頃、犬山城は国宝でありながら個人所有で一般には非公開。公開されるようになってからずっと見たいと思っていたのでさっそく出かけてみました。

犬山城までは名古屋市内から高速を利用して(しなくてもあまり変わらないかも・・)車で一時間程度。近いです。

 

ただずっと一般に公開されていなかったためか、駐車場を求めて町中をぐるぐる・・・・。で、適当なところがみつからなかったため、まずは河を渡ったところから写真でもとろうか?と河を渡ってみました。

ちなみに犬山城の写真をとるなら、河を渡ったところのマンションの前あたりがベストポイントではないかな?そのあたりで何枚か撮影し、ふと見ると・・・お城に向かって左側になにやらホテルらしき建物が。

その周りに駐車場らしきものも見えたので、そちらでランチをとり駐車もさせてもらうことにしました。

そのホテルというのは名鉄犬山ホテル。このホテルのフレンチレストランからの犬山城は天守閣に登っている人たちも良く見えてなかなかの眺めでした。そしてランチも絶品!サービスもお料理もきちんと心がこもっている感じでとても気持ちよくお食事することができました。このレストランはお勧め。

                 inuyama lunch.jpg

(お料理とレストランからの眺め)

ホテルの駐車場からお城はちょっと歩きますが、川沿いの道を通ってぶらぶらいくのは気持ちがよかったです。

         inuyama castle1.jpg

犬山城の入口の手前には神社があって、そこを通ってお城に入るという感じ。入口から凄く雰囲気があって、ちょっとお城としては小ぶりですがこじんまりとしてとってもほのぼのとした可愛いお城でした。

城門をくぐるとすぐにボランティアのおじさまがいて、城をバックにカメラのシャッターをおしてくださいますので、二人一緒の写真がなかなか撮れない二人連れの皆様、是非こちらで撮ってもらいましょう。(あいほんなどのちょっと変わったカメラにはちょっと戸惑っているご様子でした^^それがまたほのぼのとしていてなかなかgood)

そしてお城の内部に入るには靴を脱ぎ、自分の靴をビニール袋(入口で配ってます)に入れて持ってはいるという形式。入口からいきなりものすごく急な階段なのでくれぐれもミニスカートなどでは行かれない方がよろしいかと・・・。

                              inuyama castle3.jpg

(階段の写真は左上。手すりにつかまらないととても登れないくらいに急です)

内部はかなり狭く、階段も一部では係りの方が昇りと下りを交互通行に規制されておりました。そして天守閣の一番上の回からの眺めは・・・。

              inuyama castle2.jpg

外にめぐらした回廊?に出て一周することができます。こんなにたくさんの人が一度に通って大丈夫?^^;それだけあまり手を加えていない感じの、昔のまんまが残っているお城という感じでした。

また最上階には歴代城主の肖像画が飾られているのですが、現代からさかのぼって3代の方達の分は写真。みなさん、さすが城主!という貫禄と品がおありでした。特に最後の御城主の方はどことなく白洲次郎さんに雰囲気がにておいででした。

天守閣からお殿様気分で城下の眺めを堪能し、また急な階段を慎重に降り、帰りは町の当たりをぶらぶらし(城下町の雰囲気がのこっていて軽食がとれるおみせや、お団子、おもちなどスナックなどもたくさん売っておりました)、帰宅しました。

しかし、これを個人で維持管理って大変だったでしょうね。・・でも、自分たちだけしか見られない景色をあの上から見る気分って、格別だったのかもしれません。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。